教室レッスンとデジタル学習の相乗効果 教室レッスンとデジタル学習の相乗効果

レッスンでの学習時間- 先生と子どもたちの対話がメイン「教師主導型レッスン」のメリット

GrapeSEEDの導入についてご興味のある方は、ぜひパンフレットご覧ください。 

続き
英語力定着のヒント「エビングハウスの忘却曲線」 英語力定着のヒント「エビングハウスの忘却曲線」

皆さんは「エビングハウスの忘却曲線」をご存知ですか?
これはドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが発表したもので
「時間と共にどれだけ記憶したことが頭に残っているか」を数値化したものです。

それによると、人は何かを学んだ時に、
その内容の56%を1時間後に、74%を1日後に忘れる、という結果が導かれました。

続き
子どもたちはいつから英語でコミュニケーションができるようになる? 子どもたちはいつから英語でコミュニケーションができるようになる?

多くの先生や保護者から
"子どもたちはいつから英語でコミュニケーションができるようになりますか?”
という質問をよくいただきます。
皆さん気になる重要なポイントですよね。

ここでは「コミュニケーションができる」とはどのような状態なのかに触れながら、
言語を習得する過程を見ていきたいと思います。

続き
幼児期から英語教育をすると母語の発達が遅れる? 幼児期から英語教育をすると母語の発達が遅れる?

GrapeSEEDの考え方は 「Think in English, Speak in English(英語で考え、英語で話す) 」 です。
これは私たちが普段「日本語で考え、日本語で話す」ことと同じです。

そのためGrapeSEEDのクラスは「英語は英語だけの環境」で学ぶレッスンを徹底しています。
これもまた、私たちが「日本語を日本語だけの環境」で身につけたことと同じ考え方です。


数十年前までは、幼少期に二か国語を学ぶと、子どもが混乱し母国語の言語発達が遅れてしまうと考えられていました。
しかし、専門家の長年にわたる研究の結果、それは全く逆で子どもたちが複数の言語を学ぶことには大きなメリットがあることが分かっています。

続き