最適な時期に、最適な方法で

英語を学ぶ最適な時期があります。それは脳や他の筋肉がまだ発達段階にある幼少期です。そして最適な学習方法もあります。私たちが開発した、自然に母語を身につけるような方法での学習です。カリキュラムの開発は複雑でしたが、その実践方法はとてもシンプルでわかり易いものです。

GrapeSEEDとは

GrapeSEEDは、4歳から12歳までの子どもたちが自然な言語習得の原則に基づき、英語口語言語を身につけるためのカリキュラムです。

年齢に適した言葉や気持ちの表現を、体験を通して理解し使うという過程を継続することで、子どもたちは英語を話すことに自信をつけていきます。

GrapeSEEDは読み、書きの基礎となる力も養います。

カリキュラムについて
THE GRAPESEED

独自のメソッド

文法を暗記するのではなく、言葉の概念の理解、単語や言語機能の使い方、意味を理解して英語を使うことに重点を置いています。

GrapeSEEDで子どもたちが学ぶのは、英語を聞いて理解すること、母語を翻訳することなく自分の思いを英語で話すことです。自分の思いが伝わったと感じた時、それは子どもたちの学ぶ喜びとなるはずです。このように、母語の習得のように自然な形で繰り返し体験することは、子どもたちの意欲を掻き立て、やがて流暢に英語を話すことへと繋がります。

THE GRAPESEED

学習の仕組み

GrapeSEEDでは、コミュニケーションに必要な「聞いて理解する」「話す」「読む」「書く」スキルを養うことができます。

子どもたちの学習は、まず聞いた音とその意味を結びつけることから始まります。そして次第にその音を真似して正確に発音することができるようになります。つまり、言葉を聞いてその表現を使う経験が増えるほど、流暢に英語を話すことやコミュニケーション力へと結びつきます。